• Introduction

  • Story

セカイを復元する。「知識の箱」の少女たちの物語。 ポニーキャニオン×A-1 Picturesが贈るオリジナルアニメプロジェクト!キャラクター原案:カントク、脚本:志茂文彦、監督:石浜真史がタッグを組んだ完全新作アニメーション『ガラスの花と壊す世界』。2015年、劇場公開決定!!『世界の復元』『少女が見つけた綺麗な世界』『帰るべきあの場所』全ての言葉がつながるその瞬間、劇場で衝撃が走る! アニメ化大賞とは アニメ化のための原作であればマンガ、ノベル、イラスト、音楽など、表現方法を問わず、応募資格も無制限・ジャンル不問で一般応募を行い、優秀な作品はポニーキャニオンがアニメを手掛けるという公募施策。
無数の光が色とりどりにきらめき、浮遊している無重力の空間――「知識の箱」。そこには幾つもの世界があり、幾度の時間があり、幾多もの人がいた。デュアルとドロシーの2人はそこで敵と戦っていた。敵、それは世界を侵食する存在――ウイルス。ウイルスに汚されてしまった世界は消去しなくてはいけない。それが彼女たちの役割、彼女たちの仕事。あるときデュアルとドロシーは新たなウイルスの出現を感知する。そこにはウイルスに襲われている少女がいた。少女を救った2人は、静かに彼女の目覚めを待つ。少女は何者か――どこから来て、どこへ行くのか。やがてその少女が目覚めた。その少女は「リモ」と名乗ると、ひとことつぶやいた――。「お花畑に、帰らないと……」。